UberEatsの自転車デリバリー配達員の副業や、インドネシア、ジャカルタでの仕事について紹介

上場企業を辞めた東大生が月収20万円でもアジア勤務を選んだ理由

ジャカルタでPuasa(断食)が始まって街の様子が急に変わり始めた

投稿日:2014年7月20日 更新日:

1.Puasaとは

Puasa=断食(だんじき)のことで、2014年は7月の今、イスラム教の習慣として断食が行われています。
断食期間中は、日の出から日の入りまでの時間の間、食べ物はもちろん水などの飲み物も一切口にできないそうです。
そしてその断食期間中に、夜の日が沈んだ後にみんなで食事をとるという非常に一体感の得られる行事のことをBuka Puasaと言います。

20140720-160703-58023268.jpg

 

2.そもそも断食ってどんな感じ?

断食中は会社での勤務時間も変わります。

なるべく太陽が出ている時間に合わせるように、始業時間は早め(7時30分とか)で終わりの時間も早め(16時00分)とかになることが多いみたいです。うちの会社は宗教によって時間を選べるようにしています。
水すらも口にできないと書きましたが、イスラム教でも人それぞれのようです。
日本にいるときもバングラデッシュからの留学生がよくPuasaの話をしてくれました。

ラマダンへの人々の反応
「私はalmostラマダンだから、これはok」
「アイスも水もいっさい食べられないんです、今はラマダンなので」
「ここは神様が見てないので食べて大丈夫です」

そうそう、宗教はイスラムだけじゃないんですよ。インドネシアっていうとイスラム教のイメージが強いかもしれないですけど、そんなことないです。
調べてみると、

インドネシアの人口別宗教の割合
イスラム教 76.5%
キリスト教 13.1% (プロテスタント5.7%、独立教会4.0%、カトリック2.7%、他)
ヒンドゥー教 3.4%
伝統信仰 2.5%
無宗教 1.9%
その他 2.6%
(ブリタニカ国際年鑑2007年版 via wikipediaより)

うちの会社もキリスト教徒の人も多いです。

 

3.街中がBuka Puasa

近所の屋台街も食べ物でいっぱいです。
よるからはこの屋台も含めて街中でBuka Puasaが行われるんです。
その話はまた次回。

20140720-160310-57790401.jpg

 

 

- - -
Uber Eatsの記事をご覧の方へ

Uber Eatsの記事リンク
準備編 / 基本編 / 応用編 / 横浜編 / 大阪予想編
マンガ「Uber Eats 配達員はじめて物語」
(1)フリーランスを目指す社会人編( 1回2回
(2)忙しい大学生編( 3回4回
(3)ダイエットしたい女性社会人編( 5回6回7回
(4)自転車好きな男性社会人編( 8回9回10回
(5)横浜ミュージシャン編( 11回12回13回
(6)テクニカルなライバル編( 14回
UberEatsカテゴリーの全ての記事一覧はこちら

Instagram

Ad-336px-stinger8

Ad-336px-stinger8

-ジャカルタ生活情報, フード
-, ,

Copyright© 上場企業を辞めた東大生が月収20万円でもアジア勤務を選んだ理由 , 2018 All Rights Reserved.