上場企業を辞めた東大生が月収20万円でもアジア勤務を選んだ理由

インドネシア、ジャカルタでの仕事や、日本でのUber Eatsの自転車デリバリー配達の副業について紹介

*

docomoのレンタサイクルの使い方のコツ22、都内を電動自転車ですいすい移動(Uber Eats配達員にも便利)

      2017/08/12

今日は、「docomoのレンタサイクルの使い方のコツ22、都内を電動自転車ですいすい移動」というテーマで、自転車について書きます。
最近、東京都内で急増中ですね
僕もUber eatsというお弁当配達で使っていますが、とても便利です

目次

1.はじめに

これが、docomo主導で運営されているレンタサイクルです
写真の赤い自転車です
日々進化しててとても便利
最大の特徴は「電動自転車」ということです

 

公式サイト

http://docomo-cycle.jp/minato/

公式アプリ

https://itunes.apple.com/jp/app/id1003721975?mt=8

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.d_bikeshare&hl=ja

 

2. このレンタサイクルのすごいところ

今までの、レンタサイクルとどこが違うの??
その気になる特徴はこの5つ

(1)電動自転車

(2)都内でポートが288箇所(千代田区、港区、中央区、新宿区、江東区、文京区)

(3)24時間どこで借りてどこで返してもいい

(4)Suicaをカギにしてタッチで解錠できる

(5)1日1500円で乗り放題(1日コースを選んだ場合)

 

詳しく書いていきます

2−1. 電動自転車

このレンタサイクルは、すべて電動です
最近増えてきましたが、いまだに10万円くらいするイメージのある電動自転車ですが、みなさんは乗ったことありますか?

まじ…すごいです

ほとんど漕いでる感じしないです
空を飛んでる感じがします、夢にも出てきます
一度、電動に乗るともう戻れないですね

 

2−2. 都内でポートが288箇所(千代田区、港区、中央区、新宿区、江東区、文京区)

現在、東京都内にポートが288箇所あるようです
すごく多いですね
そして毎週のように増えてます

ただし、現在は6区(千代田区、港区、中央区、新宿区、江東区、文京区)にしかないので注意ですね
渋谷区にはありそうでないので、注意です

ポートの位置については公式アプリで簡単にGPSで探せます

 

2−3.24時間どこで借りてどこで返してもいい

ポートは24時間営業なんですよ(※一部ポートでは短縮営業)
しかも、どこのポートで借りて、どこのポートで返しても大丈夫です

急な予定変更にも対応できるし、フレキシブルですね

 

2−4.Suicaをカギにしてタッチで解錠できる

カギの操作は、写真の部分で行いますが、
正直、番号をダイヤルするのはかなり面倒です

条件を満たせば、SuicaやFelica対応のスマホなどを鍵の代わりに登録して使うことができます
これはかなり快適です

Suica以外で開ける(メールが送られてきて何とかかんとか)のは…僕には…めんどすぎてホント無理でした
Suicaなら、Enter押してタッチ、で5秒で出発できます

 

2−5.1日1500円(1日コースを選んだ場合)

法人会員でない限り、やはり1日1500円コースがおすすめですかね

わかりやすい
1日何回使っても1500円ということです

使い放題なら、自転車のバッテリーが切れても、自転車のスタンドが気に入らなくても、途中で電車に乗っても、大丈夫ですね

使い放題でこそ、このレンタサイクルの真価が発揮されると思います

法人契約はかなりお得

僕はUber eatsというお弁当配達のバイトに登録して、法人契約で、月額4000円で使い放題の契約をしています
法人契約をしているということですね

都内にオフィスのある企業は提携しているところ多そうです
結構、使ってる人見かけますからね

 

3.使い方

さて、ここから使い方を書いていきますが、基本的には簡単です
なので、わかりにくかった部分だけ、詳しく書いていきます

 

3−1.申し込み方

http://docomo-cycle.jp/minato/howtoregist/

ここから、個人情報を入力すれば登録できますね
クレジットカードが必要なようです
スマホからでも大丈夫だそうです

※個人で利用する場合です、法人会員の場合は会社での案内が別途あると思われます

※Uber Eatsの配達に使用する人は、登録の仕方が若干異なります
登録会の際にスタッフの人に言えば、紙がもらえるので、そちらをよく読みましょう

 

3−2.自転車に乗る時の操作(一番肝心なのはSuica登録)

そして、一番肝心な自転車に乗る時の操作ですが、
http://docomo-cycle.jp/minato/howtouse/

こちらのページになにやら、細々と書いてありますが…
正直、読む気がしません

僕の性格かもしれませんが…はっきり言って、書き方が複雑すぎます
(これって近未来システム目指してるんだよね?マニュアルなんで読むか?このiPhoneの時代に…Appleはマニュアルねーぞ)
一番大事な部分だけ、一言で言いますね

Suicaを登録してしまうのが絶対におすすめです

Suica、ようするにFelicaということ(Pasumo、おさいふケータイ、などなど)ですね
それをかざせば、鍵が開くように設定することができます

これ、革新的なんですよ
すっごく楽
僕毎日乗っていいますが、Suicaをかざすだけで「ガチャ」って開くので、楽です
鍵を出す必要もないし、メールを見る必要もないです

2、3回しか乗らないと思う…という人でも、絶対にSuicaを登録するのがおすすめです
1回しか乗らないと思う…という人でも、絶対にSuicaを登録するのがおすすめです

番号式だと、登録して、メールに暗証番号が送られてきて、メールを受信して、番号を。。。。。。
とかめんどくさすぎて、おすすめできません
(そもそも番号を確認しようとした瞬間に、iPhoneのバッテリーが切れて大変なことになった)

Suicaの登録の際は、webで作業しないといけないですが、そこだけなので我慢しましょう

とにかくメールが送られてくる件

その後、借りたり、返したりするたびにメールが送られてきますが、正直邪魔なので、フィルターをかけてフォルダに自動で移動するようにしておきましょう
(たぶん、docomoの携帯を使っていることを想定しているのでしょう…
キャリアメールなんてもはや使ってる人いんのかな??時代読んでほしい

 

 

3−3.対象エリア

さっきも触れましたが、千代田区、港区、中央区、新宿区、江東区、文京区の6区です

ここの地図を見ると、わかりやすいですね
http://docomo-cycle.jp/minato/map/

アプリでもGPSを利用してポートを探せます

 

3−4. 料金プラン

(1)法人プラン(月額4000円乗り放題)が魅力的すぎる

先ほどから、何回か書きましたが、法人プランが魅力的すぎます
もし、あなたが所属している法人が契約している場合、もしくはあなたが経営者の場合などに限られてはしまいますが、法人で契約すると月額4000円乗り放題コースが選べます

このサービスの真骨頂はおそらくこの「乗り放題」でしょう

「乗り放題」だからこそ、ちょい乗りができるし、「乗り放題」だからこそ、電車との組み合わせも可能なんです
東京という、無限にスプロールした巨大過密都市にマッチしたシステムだと思います

 

(2)個人で使うなら…1日パス(それ以外は、お高い気がする)

「おいおい、法人がどうとか聞いてねーよ、個人で普通に使う場合の料金を教えろ」
と思われてた方、お待たせしました

こちらです

かなり複雑なので注意してくださいね

一般向け料金プラン(公式サイトより要約引用)
– 1回会員

基本料0円+108円/30分
ただし最初の30分は162円

– 月額会員
基本料2160円+108円/30分
ただし最初の30分は0円

– 1日パス
1620円で1日乗り放題
プラス手数料500円

正確で最新の正しい情報はこちらをご覧下さい

http://docomo-cycle.jp/minato/timeandprice/

正直、プランが複雑過ぎます
何が書いてあるのか、僕の頭ではあまり理解できませんでした

1日パスの手数料っていうのは、1日パスの時に専用のICカード(?)を登録するための料金らしいですが…何を言ってるのか15分考えてググりましたが、よくわかりませんでした(すいません)

 

a.月額会員>>30分超えると料金かかってくるのはストレス溜まりそう

月額会員で2000円支払っても、30分超えると料金かかってくるのは辛いですね
都内は、信号待ちとか、天気とか、工事中とかで、予定時刻通りに到着できないこともざらにあるので、時間オーバーは不可避なことが多いです
加えて、自転車がバッテリー切れだったり、使いづらい場合もあるので、その時も困りますね
30分以内に収めようとして、使用していると、ストレス溜まりそうですね

 

b.1回会員>>完全にお試し用、自転車に不満があっても交換すら有料

1回会員に限っては、絶対におすすめしませんね
だって、もし自転車を借りて、その自転車のバッテリーがほとんどなかったりしても、交換するのにまた108円かかってしまいますからね
(もちろん、自転車はスタッフさんが一生懸命整備してるのは知ってますし、バッテリー残量も事前に確認できるのはわかりますが、ミスすることもあります)
1回会員は、初めてのお試しで使用する場合向きだと思いますね

 

c.1日パス>>これが一番マシ、観光に便利

1日パスが1番マシですね
しつこいようですが、「使い放題」こそがこのサービスの存在意義であり、便利なところです
でも1日で2000円近くって高いっすね…
しかもバッテリーは1日は持たないと思いますし、途中で乗り換える作業が必要だと思います

 

結論から言うと、月額4000円で使い放題を一度味わってしまうと、個人利用では日常的に使う気にはならないっす…
お高い電動自転車を気軽に使えるのはわかりますけど、料金…高くないっすか??もっと利用者が増えたら、変わるのかもしれませんね
ってか、なにこれ独占?価格カルテル?競合いなすぎ
iPhoneみたいな黒船来航するまで、またしばらくぼったくって代々木にオシャレ()なビル建てるのかな…

1日パスは、友達がTOKYOに遊びに来た時に、一緒に観光ツアーに行くとかなら、使ってもいいかなって思います
バスや徒歩で観光するより、電動自転車で観光する方が楽しそうです

 

(3) 保険込みです

料金には保険料も含まれています

保険について
http://docomo-cycle.jp/minato/whatiscs/
より引用
ご自身のおケガ
死亡・後遺障害保険金額 1,000万円
入院保険金日額 5,000円
通院保険金日額 2,500円
第三者への賠償
限度額 対人 1名1億円/1事故5億円
対物 5,000万円

ですが…自転車保険の相場って、下記の通り、わりとお安いので
保険料込みだからといって、そこまでお得感はないです

「価格.com 保険」
http://hoken.kakaku.com/insurance/bicycle/
ざっと見ましたが、1年で2000円とか3000円が多そうですね

 

4.Q&A(よくありそうな質問)

よくありそうな質問に対して、ヘビーユーザーの僕が、僕なりに僕の考えを正直に包み隠さず答えます
公式な見解が知りたい人は公式ページを見てください

 

4−1.バッテリーはどれくらい持つ?

バッテリーは、3時間で30%くらいなくなりますね
少しだけ乗る分には気にしなくていいでしょう

丸一日乗る予定の人は、Full100%がおすすめです
百歩譲って、せめて70%以上くらいですかね
途中でバッテリーがなくなって、交換するのは非常に面倒です

バッテリー切れになると、漕ぎにくいです
というより、漕げないです
負荷がかかるので、全力でなんとか走れるくらいですね

 

4−2.電動アシストの見方は?

電動アシストと、バッテリー残量ここに数字で表示されます
めったに使いませんが、切り替えを押せば残りバッテリーを、距離や時速で見れます
電動アシストの強さについて、以下の通りです

「標準」(基本的には「標準」)

基本的には標準でいいと思います
一度、強を体感してしまうと…標準は重く感じますが、そんなに重くはないです
あと、あまり強ばっかり使うと、ダイエットや運動にはならない…(笑)ので、僕は標準を使うようにしてます

「強」 (坂道や、走り出しの時、疲れたときに「強」)

坂道や、走り出しの時や、疲れた時には、強モードが便利です

めっちゃくちゃ、軽いです
感動します
あまりに軽いので、事故に気をつけましょうね
ただ、坂道の登り坂に関しては、思ったより軽くならないです…不思議ですね
なんで急過ぎる坂は、いくら強にしても漕げないっすね、歩いて押しましょう

あと、デメリットとして、強を使うとバッテリーがすぐなくなります
実感としては…20分で10%くらいなくなる気がしますね

なので、1日の始めに使い過ぎると、あとでバッテリー切れになります
1日の終わりの返却間際なら、ずっと強でもいいかもしれません

エコモード (正直、使ったことがない)

残り少ない時はエコモードに切り替えると、バッテリーを省エネできる…みたいです
ただ、僕の実感なんですが、標準との違いがよくわからないです
ペダルの重さも、あまり変わらないです

標準でもわりとバッテリーは持つので、あまり使ったことがないです

 

4−3.自転車の種類は?

自転車は基本的には同じ赤い小型の自転車ですが、細かい部分で違いがあります。
僕みたいに毎日乗っていると、こだわりが出てきます。
これに関しては、こちらのリンク先に書きましたので、参照していただければと思います。

2−5.いい自転車を見極めよう

 

4−4.売り切れ(1台も借りれる自転車がない状態)にならない?

たまーに、なります
これに関しては、こちらのリンク先に書きましたので、参照していただければと思います。

2−2.自転車が1台もない、売り切れ状態のことがたまにある

 

4−5.例えばどこに行ける?

これさえあれば、どこへでも行けます(嘘)
でも、電動ってホント早いんで、電車では行きづらかった所でも、行ってみようっていう気分になりますよ

最近、テレビでも、この自転車でお散歩してみましたのコーナー多いですよね(王様のブランチ的なやつ)

僕が行った場所と行ってみたい場所を紹介します

行った場所

↑月島

↑東京タワー

行ってみたい場所

お台場の浜辺
東京ゲートブリッジ
浅草

 

4−6.例えば通学に使える?

使えると思います
もし、自宅から自転車に乗らなくても、「電車で都内まで出て最寄りのポートから自転車を借りて、大学の近くのポートで返す」という使い方もできそうですよね

 

4−7.アプリの使い方は?

アプリですが…若干ごちゃごちゃしてますが、僕がよく使う機能は限られています
ぶっちゃけ、下の2機能しか使いません
これしか使わない気がします

 

(1)ポートを検索

「ポートを検索」機能をよく使います
むしろ、それしか使いません
とにかく操作がわかりづらいので、

「ポートを検索」機能しか使わない

と覚えておいた方が良さげです

 

(2) 地図が使いづらい

上のポート検索の地図ですが、iPhone独自の地図で表示されます
できれば、GoogleMAPで表示して欲しいんですよね(地図が回転できないし、自分が今向いている方向が表示されない)

企業間の契約とかの問題なのか、日米の外交問題なのか、作り込みの問題なのかわからないですけど、使いづらいです

なので、僕は、ざっくりとポートの位置を確認したら、GoogleMAPに移って方向確認しています

 

(3) 残り台数表示

ポート検索で下部のポートの名前をクリックして、ポートの詳細画面に入り、下の方に進むと、ポートにある自転車の貸出可能台数が出てきます

出て来ますが…

これを表示させるのに3分くらいかかります(僕の体内時計による計測)

なんで、こんな階層が下の方に台数情報があるんでしょうか…
こんなのいちいち見てる暇があったら、直接そのポートに行った方が早いです

 

(4)他の機能(一切、使いません)

他の機能も、一応載せておきます
お知らせメッセージ、公式サイトの紹介、ヘルプページなどです
はっきり言って、優先度低いと思うんですがなぜトップにあるのか、いまいち僕には理解できませんでした
お知らせメッセージに何の意味があるのかもよくわかりません
公式サイトに至っては「レンタサイクル実証実験」と大きく書かれていて、更新されてないままなのか何なのか知らないですけど、「実験」に高い金払わせるなんて、偉そうだなあって思いました

 

必要のない機能は表示優先度、下げて欲しい
とにかくUIが汚い、使いづらい

も、文句ばっかり言ってすいませんでした…

 

 

4−8.家に持ち帰っていいの?

だ、ダメです…規約違反みたいっすね
GPS付いているので、位置情報で監視されているような気がします
それにバッテリー切れたら、漕げないくらい重くなるので、そもそもあまり意味ないと思います

 

4−9. パンクとかブレーキ故障とかない?

パンクとかブレーキ故障はほとんどないですね
一回、片側のブレーキが効きにくかったことありますが、それ以外は完璧です

赤いポロシャツのスタッフさんが、整備してるのをよく見かけるので、そのおかげかもしれません

 

4−10. 他のレンタサイクルと比較すると?

他のレンタサイクルといえば、以下のものがあるようです

http://cogicogi.jp/

こちらは渋谷区にもポートがいくつかありますね

他にも検索すると、いろいろ出て来ますが、ざっと僕が見た感じでは、docomoが展開している6区に限っては、docomoには勝てないんじゃないかなあ…って思いました(ポートの数的にね)

 

4−11. なんで渋谷区にはないの?

わかんないです
渋谷区にないと不便ですよね…なんでだろう

 

4−12. 千葉県や埼玉県にもエリア広がりますか?

その可能性はあると思います
東京都内の以外にもdocomoはシステムを提供しているみたいなので、全国レベルで広がるかもしれないですね

 

4−13.ヘルメット必要ですか?

都内の条例では義務ではないですが、僕はしてます
こちらに書いたので、よろしければ参照してください

A.ヘルメット

 

5.さいごに

今回は、docomoのレンタサイクルについて、基本的な特徴から、細かいところまで解説してきました

なんかいろいろ文句も言ってしまいましたが、本当はすごく気に入ってます
電動自転車って、ほんと乗っていて快適です
歩きでも、車でもない、感覚…空を自由に飛んでいる感覚になるんですよね

まだまだポートの数も増えていきそうですし、利用者もどんどん増えていきそうです
スマホとの連携も密になりそうですし、もっともっと進化に期待できると思います
(人口移動計測とかもできちゃったりして…もうやってるのかな)

ぜひ使ってみてください

 

 

- - -
Uber Eatsの記事をご覧の方へ
(Uber Eatsお友達紹介キャンペーン好評につき継続)
お友達紹介キャンペーンが好評につき継続されるということで、このブログのUber Eatsの記事の上の緑色のリンクから、僕の紹介コードが入った状態から登録していただき、 30回の配達を完了すると、原付バイクの方は2万円、自転車の方は1万円の報酬がUber Eatsから付与されます
リンクを押すとリンク先にも大きな文字で書いてありますので、ご確認ください

Uber Eatsの記事リンク
準備編 / 基本編 / 応用編 / 横浜編
マンガ「Uber Eats 配達員はじめて物語」リンク
第1回 / 第2回 / 第3回 / 第4回 / 第5回 / 第6回 / 第7回 / 第8回 / 第9回 / 第10回

 - Uber Eats, スポーツ, 交通, 副業 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

広告336px

広告336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「マンガで紹介、Uber Eatsの配達がよくわかる、ウーバーイーツ配達員はじめてみよう物語」(次世代自転車お弁当配達員) 【Uber Eatsの記事No.4-(漫画)Uber Eats配達はじめて物語(1)】

Uber Eatsの配達の仕方やシステムや、始めるまでの決断に必要なことを、漫画 …

「Uber Eats配達員が慣れてきたら使いたい応用編の技10」(次世代自転車お弁当配達員) 【Uber Eatsの記事No.3-応用編】

今回は、「Uber Eats配達員が慣れてきたら使いたい応用編の技10」というテ …

「マンガで紹介、Uber Eatsの配達がよくわかる、ウーバーイーツ配達員はじめてみよう物語(2)」(次世代自転車お弁当配達員) 【Uber Eatsの記事No.5-(漫画)Uber Eats配達はじめて物語(2)】

Uber Eatsの配達の仕方やシステムや、始めるまでの決断に必要なことを、漫画 …

「マンガで紹介、Uber Eatsの配達がよくわかる、ウーバーイーツ配達員はじめてみよう物語(9)」(次世代自転車お弁当配達員) 【Uber Eatsの記事No.12-(漫画)Uber Eats配達はじめて物語(9)】

Uber Eatsの配達の仕方やシステムや、始めるまでの決断に必要なことを、漫画 …

「横浜で、Uber Eats配達員を始めよう、横浜ならではの注目ポイント7」(次世代自転車お弁当配達員) 【Uber Eatsの記事No.13-横浜編】

目次1.横浜でのUber Eatsとは?1−1.そもそもUber Eatsって何 …

「マンガで紹介、Uber Eatsの配達がよくわかる、ウーバーイーツ配達員はじめてみよう物語(10)」(次世代自転車お弁当配達員) 【Uber Eatsの記事No.14-(漫画)Uber Eats配達はじめて物語(10)】

Uber Eatsの配達の仕方やシステムや、始めるまでの決断に必要なことを、漫画 …

「マンガで紹介、Uber Eatsの配達がよくわかる、ウーバーイーツ配達員はじめてみよう物語(5)」(次世代自転車お弁当配達員) 【Uber Eatsの記事No.8-(漫画)Uber Eats配達はじめて物語(5)】

Uber Eatsの配達の仕方やシステムや、始めるまでの決断に必要なことを、漫画 …

「Uber Eats配達員を始めよう、準備に必要なこと10」(次世代自転車お弁当配達員) 【Uber Eatsの記事No.1-準備編】

今日は、「Uber Eats配達員を始めよう、準備に必要なこと10」というテーマ …

「マンガで紹介、Uber Eatsの配達がよくわかる、ウーバーイーツ配達員はじめてみよう物語(8)」(次世代自転車お弁当配達員) 【Uber Eatsの記事No.11-(漫画)Uber Eats配達はじめて物語(8)】

Uber Eatsの配達の仕方やシステムや、始めるまでの決断に必要なことを、漫画 …

「Uber Eats配達員で初めての配達の時に役立つ基本編の技10」(次世代自転車お弁当配達員) 【Uber Eatsの記事No.2-基本編】

今回は、「Uber Eats配達員で初めての配達の時に役立つ基本編の技10」とい …