上場企業を辞めた東大生が月収20万円でもアジア勤務を選んだ理由

UberEatsの自転車デリバリー配達員の副業や、インドネシア、ジャカルタでの仕事について紹介

横浜でUber Eats配達員を始める時に注目したいポイント7

投稿日:2017年11月22日 更新日:

「横浜でウーバーイーツの配達員になるには?」
「横浜ならではの注目ポイントとかある?」
こんな疑問に答えていきます。
2017年4月から長くウーバーイーツ配達員を続けている僕が、実体験を元に解説していきます。
横浜での配達エリアや、レンタサイクルbaybikeや、山下公園などの休憩に適した大型公園も紹介していきます。

1.横浜でのUber Eatsとは?

ついに2017年11月1日から、横浜でもUber Eatsのサービスがスタートしました。

そもそもUber Eatsって何?

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは2016年から日本に上陸した次世代のお弁当のデリバリー配達システムです。
アプリで簡単に名店の料理を注文できます。

このブログでは、その料理を配達をする配達員の仕事について語っています。
自転車や原付バイクで、好きな時に好きなだけバイト感覚で手軽に働ける、新しいシステムとなっています。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

Uber Eats配達員を始めよう、準備に必要なこと10

ウーバーイーツの配達のコツが知れる漫画シリーズ

 

2.横浜での登録の流れは?

UberEatsのネット上でのweb登録の流れは東京と同じとなると予想します。
web登録方法や必要なものについては、こちらの準備編の記事で詳しく書いています。

複数都市で配達できる?

横浜と東京、川崎を行き来したり、複数都市をまたがって配達員をやりたい人は存在しそうです。
公式ページにもありますが、複数都市でも配達は可能です。
(ブーストなどのボーナス制度については人によって異なるので、毎回確認を推奨とのことです。)

 

3.横浜の配達エリアや時間

横浜の配達エリアは、どうなっているでしょうか。

<UberEATS 横浜 サービス基本概要>
* サービス開始日時: 2017年11月1日(水)10:00 –
* 営業時間: 10:00 – 23:00 (店舗により異なります)
* 対象エリア: 横浜市内 7 区:
西区・南区・中区・保土ヶ谷区・神奈川区・港北区・磯子区の一部
* 配送手数料: 注文ごとに 380 円
* 対象レストラン: 上記対象エリアにある 100 以上のレストラン
https://www.uber.com/ja-JP/newsroom/ubereats-yokohama/より引用

基本の時間は、10:00 – 23:00。
エリアは都内同様に、徐々に広がっていくと予想します。

 

4.横浜のレストランの位置は?

横浜のウーバーイーツを実施しているレストランのマップを作成してみました。

みなとみらい周辺…赤、横浜駅周辺…青、その他のエリア…黒

マップの使い方
iPhoneなどスマホにインポートしてお使いください。
基本的にスマホから右上の四角のボタンを押せばインポートできます。
より詳しいインポートの仕方は下で説明しています。

4−1.スマホでマイマップを見れるようにする方法

スマホからこの地図(マイマップ)を見れるようにする方法について書きます。
基本的にスマホから右上の四角のボタンを押せばインポートできますが、できなかった人は参考にしてみてください。

(1)このブログをパソコンではなく、スマホから見てください
(2)上の地図の四角っぽいアイコンを押してください

(3)もし、ブラウザ上で地図が表示されてしまったら、それを閉じます

GoogleMAPアプリを持っていないと、ブラウザ(SafariやChoromeなど)で地図が自動表示される場合があります。
ブラウザでは使いにくいと思います。
なので、一度ブラウザを閉じて、次に進んでください。

(4)アプリのGoogle Mapsを開いてください

持っていない人はダウンロードおすすめです。
配達にはかなり頻繁に使うと思います。

(5)左上にあるメニューボタンをタップ

(注意)Googleアカウントにログインしていない人はログイン
Googleにログインしていない人は、「アカウントの選択」から、Googleアカウントにログインしてください
※My Mapを表示する場合は、Googleアカウントが必要です。

(6)表示されたメニューからマイプレイスを選択

(7)マイプレイスの中の「マップ」をタップ

(8)マップの中で、「Yokohama ver.1.1 (Uber Eats Original Map) 」を選択

マップ一覧から「Yokohama ver.1.1 (Uber Eats Original Map) 」を選択してください。
(表示されない場合は、Googleアカウントにログインした状態で、ブラウザ(Safariなど)からもう一度地図の右上をクリックしてみてください)

(9)開くと地図が出て完了

開くとこんな感じです。
これで、地図のインポートは完了です。

地図記号がウジャウジャしてますが、拡大すると見やすいです。
地図を「ON」にしている限りは、配達中も表示されます。
邪魔な場合は、下に書いた方法で「OFF」にしてください
僕はずっと「ON」にして配達してます。

(Ex.)消したくなった時の操作

マークが邪魔で消したくなった時の操作について書きます。
(他の用事でGoogleMAPを使う時など)

まず、先程と同様にメニューを開きます。
このように今開いてる「Yokohama ver.1.1 (Uber Eats Original Map) 」のメニューが表示されているので、このiマークをタップします。

この画面で、「閉じる」を押すと、この表示は消えます。

4−2.この地図の配達中の活用法

この地図の配達中の活用法を3つに分けて説明します。

(1)ガツガツ注文を受けるにはどこで待機するのがいいのか見当をつける

この地図を見れば、ガツガツ注文を受けられそうなレストランが集まってそうな場所が、なんとなくわかると思います。
複数の人気レストランと距離が近いエリアで待機している方が有利です。
例えば、「みなとみらい」と一口で言っても広いです。
北側、南側、どちらで待機していた方がいいのか検討してみる…
もしくは、よく注文が入るレストランを発見したら地図にメモしていくのもいいかもしれません。

(2)知らない場所に飛ばされた時に、繁華街までどのルートで戻れば良さそうか見当をつける

戻る時のルートにもこだわることができます。
どうせなら、レストランが集まっているルートで繁華街まで戻った方が道中で受注確率が上がります。
例えば、自分の全然知らない場所まで来たですね。
地図を見て、繁華街までどのルートで戻れば良さそうかを考えます。
配達先(住宅、オフィス)が、繁華街から離れたマイナーな住宅地にあったりする場合も多いです。

(3)少しリラックスする時にどこで待機するのがいいのか見当をつける

軽く休憩したい時ってありますよね。
完全にオフラインするレベルではなく、
「夏に暑いから日陰にいたい」
「交通量が多すぎるから空いてるところにいきたい」
「少し座りたい」
ような時です。
この地図を見れば、レストランと離れ過ぎずに受注確率を下げ過ぎない公園やベンチの場所を探すのに役に立つと思います。

 

4−3.この地図の注意点

※レストランの位置を僕の個人作業でマッピングしたものです。
※エリアをざっくり吟味する目的を意識しており、絶対的に正確でない可能性もありますがご了承ください。
実際の実務のナビに関してはUberの方から位置情報が来るので、そこに支障はないと思います。
※配達を役に立てる目的で、個人でぜひご利用ください
※レストランは新しくどんどん追加されていってるので、随時反映されない場合があります。
(ver(バージョン)1の作業は2017年11月21日です。)

途中ですが、もし、このブログの紹介コードを使用して配達員の登録をしてもいいよという方は、下のリンクから登録作業を始めてただけると嬉しいです。
(紹介コードの部分にこのブログの紹介コードが入った状態から、登録作業が始められます)
登録についての細かい話は準備編に書いてありますので、そちらも参考にしていただけると幸いです。

 

5.横浜の自転車について

横浜のレンタサイクルの情報について書いていきます。
本格的な自転車を持っていなくても、レンタサイクルなら気軽に始めることができます。

5−1.横浜でおすすめのレンタサイクルはdocomo系列のbaybike

docomo系列のの赤い自転車の「横浜コミュニティサイクル baybike[ベイバイク]」がおすすめです。
法人の月額プランが存在していて、ポートが多いです。

横浜コミュニティサイクル baybike トップ
http://docomo-cycle.jp/yokohama/timeandprice/#a02

 

5−2.料金プラン

ご利用料金・時間

会員プラン 1回会員 月額会員
利用時間 6:00〜22:00
ご利用料金 基本料金なし
最初の30分 150円/回
※延長料金30分 150円
基本料金2000円
最初の30分 0円/回
※延長料金150円/30分毎
お支払い方法 クレジットカード クレジットカード

http://docomo-cycle.jp/yokohama/timeandprice/より作成

基本的には、このようなプランが存在しています。
他に観光用の1日プランも存在します。

 

5−3.法人会員プランはあるのか

法人月額会員
初期費用:500円(税抜)専用ICカード発行手数料
基本料金:2,000円/月(税抜)
最初の30分:0円/回
1回の利用が30分を超過した場合、150円/30分(税抜)の延長料金がかかります。
http://docomo-cycle.jp/yokohama/timeandprice/より引用

便利な法人月額会員プランが存在しています。
延長料金には注意が必要ですが、ウーバーイーツの配達にはこちらが最適だと思います。

 

5−4.自転車のポートの多さは?ポートの場所は?

公式ホームページにポートマップがGoogleMAPで記載されています。

http://docomo-cycle.jp/yokohama/map/

ポートは現在約65個で、みなとみらいエリア中心に密集して存在しているイメージです。

 

5−5.使用できる時間帯は?

ご利用時間
午前6時〜午後10時
http://docomo-cycle.jp/yokohama/timeandprice/より引用

午前6時〜午後10時です。
都内だと24時間が基本なので、ちょっと違いますね。

 

5−6.自転車の機種は?

利用自転車
ブリヂストン社製:BIKKE(全長177cm)
パナソニック社製:グリッター・EB(全長158cm)
http://docomo-cycle.jp/yokohama/whatiscs/
より引用

自転車の機種は、都内と同様に、電動の赤いブリヂストンとパナソニックの小型の機種が存在します。
自転車のおすすめ機種や、台座の選び方なども、基本編の記事に書きましたので、よかったら参考にしてください。

 

5−7.バッテリーちゃんと充電されてる?

ぶっちゃけ、わかりません。
都内では、その日の利用状況によって、バッテリー充電されている自転車がめっちゃ少なかったり、することが、たまにあります。
祝日がぶつかった三連休の最終日の夕方とか、とくにひどい印象があります。
予測はできないとも思いますが、使い始める時にバッテリー残量が多いものを選んだり、途中で交換するのが対策になってくると思います。
(2018.5.28)追記
最近、都内はすごく改善されてきてると感じます。
バッテリーが残ってる自転車が1台もないなんてパターンは少しだけ減って来ました。(※個人の見解です)

 

5−8.その他のレンタサイクルサービス

その他のレンタサイクル(横浜)
Cycle Travelation (スポーツバイクレンタル:1日/1,800円、半日/1,300円)
パノレン (別途1,080円で一泊(翌朝10時まで)、 別途540円にて乗り捨てもOK)
・バイシー横浜 (1日/1台 1,500円、 半日(4時間)/1台 1,000円)
YOKOHAMA CYCRUISING (3時間まで1,500円(税込)、3時間以上終日まで2,300円(税込))
公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー/レンタサイクルの紹介
http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/transit/transit1.phpより要約引用

その他のレンタサイクルは観光向けのような気がします。

 

5−9.横浜のレンタサイクルのまとめ

横浜エリアでは、docomo系列のbaybikeが便利そうです。
24時間営業ではないですが、法人プランもあり、ポートも60箇所あるので、とても便利そうです。

 

6.横浜の休憩場所に適した公園や広場は?

お昼休憩や、リラックスに適した大型公園などを紹介します。

横浜エリアの大型公園
山下公園、横浜公園(横浜スタジアム)、元町公園、アメリカ山公園、港の見える丘公園、大通り公園、掃部山公園、根岸森林公園、臨港パーク、ポートサイド公園、沢渡中央公園

山下公園

レンガ街倉庫

横浜埠頭大さん橋

みなとみらいは、かっこいいデートスポットが多いなと思います。
レンガ街周辺には、青色LEDのオブジェや、昔の線路の跡など、多くのアートが広々と並んでいます。
走っているだけでも、すごく楽しめるなと思います。
バナーのテンプレート/FreepikよりFreepikによるデザイン

 

7.まとめ

以上、横浜でUber Eatsの配達をする時の注目ポイントについて書いてきました。
配達員に登録する方法、配達可能時間、レストランの場所、地図の使い方です。
登録方法や必要なものは都内とほぼ同じで、レストランやエリアはこれからどんどん発展していきそうですね。

自転車レンタサイクルに関しては、docomo系の電動自転車のbaybikeが展開していました。

また、公園や景色に関しては、横浜はかっこいい場所が多いという内容でした。
みなとみらいの街並み、僕はすごく大好きです。
わざわざ出かけて、自転車で走りたいくらい素敵なんで、すごく配達もはかどるような気がします。

この記事を読んで、Uber Eatsの配達員をやってみようかな、と興味を持たれた方、ぜひ僕の紹介コードを使って登録いただけると嬉しいです
(紹介コードの部分にこのブログの紹介コードが入った状態から、登録作業が始められます)
登録についての細かい話は準備編に書いてありますので、そちらの記事もぜひ参考にしてください

Ad-336px-stinger8

Ad-336px-stinger8

Uber Eatsの記事一覧はこちら

今すぐチェック

このカテゴリーの人気記事

1
ウーバーイーツの配達員の始め方を漫画で解説【社会人男性向け】前編

2017/10/25  

ウーバーイーツの配達員を始めてみたいけどイメージが湧かない 自転車が趣味だからやってみたいけどストレスにならない? こんな疑問に答えていきます。 2017年4月から長くウーバーイーツ配達員を続けている ...

2
Uber Eats配達員を始めよう、準備に必要なこと10(自転車お弁当配達員)

Uber Eatsを始めるのに必要な準備とは? 始めるか迷っているけど決断するのに大切なことは何? といった疑問に答えていきます。 2017年4月から長くウーバーイーツ配達員を続けている僕が、実体験を ...

3
Uber Eats配達員で初めての配達の時に役立つ基本編の技10

2017/06/04    

実際にどんな手順でお弁当を届けるの? 配達に必要な基本的なテクニックは? といった疑問に答えていきます。 2017年4月から長くウーバーイーツ配達員を続けている僕が、実体験を元に書いていきます。 目次 ...

4
ウーバーイーツ配達員の始め方を漫画で解説【女性ダイエット編】前編

2017/09/19  

ウーバーイーツの配達員を始めてみたいけど女性でも大丈夫?ダイエットしたいけど本当に痩せるの?こんな疑問に答えていきます。 2017年4月から長くウーバーイーツ配達員を続けている僕が、実体験を元に漫画を ...

5
Uber Eats配達員が慣れてきたら使いたい応用編の技10

2017/06/07    

ウーバーイーツはどのエリアでどの時間帯で配達するのがベスト? もっと稼ぐための応用テクニックやコツは? といった疑問に答えていきます。 2017年4月から長くウーバーイーツ配達員を続けている僕が、実体 ...

-Uber Eats
-

Copyright© 上場企業を辞めた東大生が月収20万円でもアジア勤務を選んだ理由 , 2018 All Rights Reserved.