上場企業を辞めた東大生が月収20万円でもアジア勤務を選んだ理由

インドネシア、ジャカルタでの仕事や、日本でのUber Eatsの自転車デリバリー配達の副業について紹介

*

メルボルンの州立図書館がすごすぎる、超綺麗で伝統的でネットも早くて席も多くて勉強がはかどる世界ナンバーワンの図書館の利用方法

      2016/07/17

IMG_0270
これがメルボルンの州立図書館だ、すごいっしょ
ネットが速くて勉強し放題です

 

目次

1.行き方
行き方は簡単で、Melbourne Centaral駅の目の前です

328 Swanston St, Melbourne

State Library of Victoria
(住所)
328 Swanston St, Melbourne VIC 3000
(公式HP)
http://www.slv.vic.gov.au

とってもわかりやすいです
Centaral駅から10秒なので、迷わないと思います

IMG_0216
写真のここです

 

2.入場料
入場料は無料です

入るだけなら登録も不要です、そのまま入ってください
セキュリティゲートは一応あります
あと警備員さんがかなり念入りに巡回しています。それでセキュリティを補っているんでしょうね

 

3.内部の構成
簡単に言うと図書館と美術館の機能が合体しています

IMG_0258

内部の構成ですが、簡単に言うと図書館と美術館の機能が合体しています

A.図書館部分

IMG_0256
これはエントランスで主に検索や、図書館の備え付けのパソコンがつかえます

B.ミュージアム部分

ミュージアム部分も広く、主にドーム部分の上層階に展示スペースがあります。軽く少しだけ紹介するとこんな感じです。

IMG_0267

 

4.開館時間
平日は午後9時までです

公式ホームページにも書いてありますが、平日はなんと21時までやってて太っ腹ですね
日本とは違うぜ
なお、祝日は特殊な特殊なスケジュールになるようなので注意が必要です。またこの情報は投稿時の情報です。

メイン公共スペース
月曜日〜木曜日 午前10時〜午後9時
金曜日〜日曜日 午前10時〜午後6時

Main public areas
Monday to Thursday 10am–9pm
Friday to Sunday 10am–6pm

(公式ホームページの開館時間案内より引用)
http://www.slv.vic.gov.au/plan-your-visit/opening-hours-getting-here

 

5.勉強しよう
勉強の環境は完璧です

さて、じゃあ図書館で何をするかといえば、勉強じゃないでしょうか
みんな超一生懸命勉強してます
そんな勉強や作業ができる環境について書いていきます。

5−1.おすすめは2階席

おすすめはこの入り口から真っ直ぐ奥に進んでいき、ステップを登った先の広いゾーン、ここの2階席です

IMG_0595

隣に誰もいないので集中できます
人気ありますねー、真っ先に埋まります

次はここの1階席もいいですね

IMG_0593

この歴史を感じられるドームもいいかも、なんか緊張しちゃうけど

IMG_0265

ほんとすごい

机の上ですが
・電源コンセント2つ完備
・WiFi完備(下り12Mbpsレベル、詳しくは後述)
・大きい
・電球色の綺麗な照明

となっていて、完璧です。完璧ですね。
ただ、一つだけ欠点があり、汚いということですね…まあ常に開いているから仕方ない、自分で拭けば問題ないです

IMG_0276

(僕が潔癖性なだけかもしれないですね…)

5−2.話ができる席もある

グループワークや議論が可能な部屋では、活発に話し合いや教えあいをしてます
入り口入って、すぐの共用パソコンがある部屋では議論可能です

5−3.常に混んでますが、座れないことはない
朝11時前に来れば余裕で座れるし、19時過ぎればすいてくる模様

とにかく混んでます。(でも座れないということはないです、席数が多いので)
朝11時前に来れば余裕で座れるし、19時過ぎればすいてくる模様です
昼ごろは席は席が埋まり始めますが、なんせ席数が多く広いので探し続ければ見つかります…見つかるはず

この記事も今、図書館で書いているのですが、今日は祝日で18時までしかやっていないこともあり、満席です。
祝日はみんな家でだらだらしてるから空いてるだろう、と思ったら今回の祝日は違うようです。予想外でした。

みんな集中してるから、とっても静かでやりやすいですよ

5−4.カバンは置いたままで離席して大丈夫か

いやあ…これに関してはハッキリとは言えないですが
ノートやペンだけは置きっ放しにして、トイレに行っている人が多い印象ですね
パソコンすらも放置している人もいますけどね(特に欧米系の方々)
警備員さんが常に巡回してますけど、自己責任文化だと思うので、しっかり管理した方がベターでしょう

 

6.どんな人がいるの?みんな何してるの?
アジア系留学生が6割で、勉強してます

どんな人がいるか気になりますよね

アジア系の留学生が多いです、6割くらいかな。
みんな英語や専門分野(物理や化学など)のレポートを書いているみたいです。
3割は欧米系の学生ですかね、YoutubeとかFacebookを見てる印象が多いです(※あくまで俺の印象だよっ!)
残りの1割は高齢者の方々ですかね、ゲームとかYoutube見てる印象が強いです(※あくまで俺の印象だよっ!)

まあ、オーストラリアは家庭のネットスピードが牛さんよりも遅いので、図書館にこないとYoutubeが見られないのではないのでしょうか
(ネットスピードについては後述)

 

7.WiFiのつなぎ方
Wifiは登録なしで簡単に使えます、スピード爆速です

7−1.Wifiは登録なしで簡単に使えます

Wifiは登録は必要ありません。認証画面で規約読んでOKと名前とメルアド入れればすぐ使えます。パソコンもiPhoneもスマホも同様です。

でも、念のために、詳しく書いておきますね。念のためです。
ブラウザを立ち上げて、Googleとか何か適当に開くと、自動的に図書館のWifiアクセス画面に入るので、規約を読み次へ進んでください。

IMG_0578

次のこの画面で、名前、メルアド、郵便番号、規約に了承のチェックマークを入れればOKです。
郵便番号は住んでるところやホテルなどの3から始まる4桁の数字を入れましょう

IMG_0575

IMG_0576

また、僕だけかもしれませんが時々、この名前の入力画面にすぐ飛んでくれないことがあります。その時は僕は直接このURLを入れてアクセスしてます。
もしなかなかアクセスできない時はやってみてください。
https://wireless.slv.vic.gov.au/fs/customwebauth/login.html

7−2.スピードは爆速です、下り12Mbpsです

さて気になるスピードはこちら!

IMG_0219

下り 12.72Mbps
上り 24.85Mbps

はっやああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああ

速くないですか(※2016年現在、図書館以外のネットスピードや、日本での実家のネットスピードと比べた際の僕の個人的な価値観において)

まじ、はっや、はんぱない、すげえっす…すっげ

まあ、だいたい下は15くらいは出てる気はしますね
上りが早いですよね
まあ、たしかに日本と比べるとね、普通くらいかな、むしろ遅いとは思いますけど、公共スペース(!)で、しかも無料(!)で、図書館で(!)このスピードですよ、まじすごい
すごいよね、これ税金…で建ってるんだよね、ほんとすごい

 

8.会員のなり方

会員になると本が借りられます、コピー機がつかえます。
会員にならなくてもネットは使えるので充分ですはありますが、時間がある時に登録しておくとより便利ですよ。

8−1.図書館の入り口すぐの職員の方に声を掛ける

図書館入ってすぐの4つあるカウンターのどれかのおじちゃんおばちゃんに声をかけてください。メルボルンの人は基本的に超冷たいですが、この方々はわりと優しい印象なので勇気を持っってLet’s try it.
「I would like to be a library member」とかでいいでしょう

8−2.住所を証明できるものを見せる

個人情報およびパスポートなどのID提示を聞かれますが、この際住所を証明できるものが必要です。一番いいのはTAXナンバーを申請した際に、家に送られてくる公共の郵便物ですね。
というか、むしろそれ以外の選択肢が思いつかないっす

8−3.カードがもらえる

IMG_0597 copy

そうするとおしゃれなこのカードがもらえます。
デザインかっこいいわー
このカードがあれば、本が借りられたり、コピー機がより簡単に使えます

 

9.コピー機の使い方

コピー機の使い方です、街中のOfficeworksも便利ですけど、図書館も安くて便利ですよ

9−1.入り口のパソコンで公共パソコンの席を予約

IMG_0208
これですねー
このバソコンで、自分の図書館カードのナンバーなどを打ち込む必要があります(少しアナログ)
それでパソコンが予約できます。レシートが出てきますので、そこに書かれた番号のバソコン席へ向かってください(30分利用できます)

9−2.公共パソコンからデータを出力

IMG_0214
こちらが公共パソコンです
多くの人はUSBメモリを使うと思いますが、USBメモリを挿して、デスクトップのUSBと書かれたショートカットを押せば、開けます
(USB-a、USB-b、の2つありますがそのどちらかです)

9−3.コピー機の隣で現金入金

IMG_0213

入金機はいくつかありますが、図書館会員になっている場合はこちらは使いません

IMG_0592

こちらの機械で入金しましょう、まあ1ドルや2ドル入金すればいいと思います。

値段ですがこちらのページに載っていました(安い!)

  • 白黒印刷: A4 $0.15
  • カラー印刷: A4 $2
  • USBドライブにスキャンデータを転送: A4  $0.10

http://www.slv.vic.gov.au/plan-your-visit/wi-fi-internet-printing
より引用

9−4.コピー機を操作

IMG_0211
IMG_0212

次にコピー機の操作ですね
この青い機械に自分のカードを通し、進んでいけば印刷できます。

9−5.無事に印刷される

無事に印刷できました

 

10.こんな本があります

10−1.日本の本もあります

建築の本がありましたね

10−2.CDもあります

10−3.雑誌もあります

IMG_0594

10−4.楽譜もあります

楽譜の専用の部屋があります、さすが芸術の街ですね

ただCDやDVDはドッグランの図書館の方が豊富かもしれません

 

11.水は無料で飲める

これは何気にみんなが使ってる裏技ですね、水は無料で飲めます

この国って水は無料じゃないんですよ、だから買って飲むしかないんですが、図書館には浄水器があります

IMG_0257

トイレの前ね
水筒を持参してここで水を入れます、みんなやってますw

 

12.お弁当はここで食べよう
近くにスーパーもあります

IMG_0207
お弁当を食べるのに最適なお庭スペースが入り口部分に広がっています。
みんなここでお弁当を食べていますね
イベントをやったりしていて賑やかです

なぜ、お弁当かというと、この国は人件費が高いので、外食をするとたとえマクドナルドやサブウェイのサンドイッチであったしても900円くらいします。
なのでお弁当を持参してる人は多く見かけますね。

IMG_0215

この日は僕は、すぐ側のcolesというスーパーでパンを買ってきちゃいました。あ2.5ドルくらいしました(高い)
このように目の前にスーパーがあるので、そこで買うのもアリですね

 

13.チェス部屋がある
チェスはこの街の文化のようです

なんと、チェス部屋があります…
はじめ全体マップにChessって書いてあって、「?」って思いました
なんだこれ?と思いながら、入ってみると…チェス部屋でした

13−1.チェス部屋にはチェスボード、チェスゲーム、チェス書籍…チェスのすべてがある

IMG_0266

チェス部屋にはチェスの全てがあります
まずこのチェスデスク、平日から賑わってます…おじいちゃんと若い子がチェスやってます…親子…なんでしょうか、よくわかりません

奥にパソコンが並んでいますが…なんと、チェスゲーム専用でした

この時点で僕は戸惑いを隠せなくなりました
さらに奥へ進むと、チェスに関する書籍が並んでいました
隅の方に中国式のチェス(軍人将棋?みたいな?)やつと、囲碁もありました
(でも将棋はなかったぜ…!!)

チェスはこの街にとって大切な文化なんでしょうね

13−2.なんと、屋外でも巨大チェス対決できる!!

この熱いデュエルは屋内だけにとどまらず、なんと、屋外でも巨大チェスができるんです

IMG_0243

「うーん、次の一手はどうしようかなあ」
「おーい、ここはあれ狙うだろ」
「いや…ちょっと待って」

屋外の広場にもチェスがあるんですね
見知らぬ人同士でも気軽に交流を楽しんでいるようで、おじいちゃんと学生とかが対戦してたりします
さらに、「あ、俺もう行くから交代ね」みたいに交代していく人も見かけます…

将棋バージョンも作りたいなあーー、日本に

 

14.イベントも開催、育児イベントやっていた
そのくらい広いんです

IMG_0246

まだまだありますよー、この図書館はこれ以外にもまだたくさん部屋があります。
一つはこのイベントスペースですね。
奥は子供の本コーナーになっていますが、ここで子育てママのイベントをやっていたりしました
日替わりでいろいろなイベントが開催されているようです

 

15.最後に一言
日本の図書館もこれを見習うべき、勉強できる環境は国の成長に不可欠

これが無料ってすごくね

最後に一言ですが、この図書館を使えるだけで、メルボルンに住んでる価値はあるんじゃないかなって思うんです
だって…無料ですよ、すごくね?
この環境、日本だったら六本木ヒルズのヒルズライブラリー並みですよね

技術で勝負している日本こそ、勉強環境が大事なのでは?

こんな環境があったら「よし勉強頑張るぞ!」っていう気合が入ると思うんです

日本ではよく図書館の席取りの行列に並んだり、スタバで席を取り合ったり、スタバで勉強禁止になったり、なんか…それを見てると悲しくなります

日本は「技術」で勝負している国です。
オーストラリアのような広大な土地や資源はありません。日本を支えてきたのは真面目さと熱心さに支えれれた技術力だと思うし、これからもそれは変わらないでしょう

なら、なんで勉強できる環境を整えないんですか?

大学の図書館でさえ、こんなに立派なところは少ないと思うなあ

勉強したい人たちのために国が公共的な勉強スペースを都心に確保すること、これは日本の課題だと私は思います

 

 

 

- - -
Uber Eatsの記事をご覧の方へ
(Uber Eatsお友達紹介キャンペーン好評につき継続)
お友達紹介キャンペーンが好評につき継続されるということで、このブログのUber Eatsの記事の上の緑色のリンクから、僕の紹介コードが入った状態から登録していただき、 30回の配達を完了すると、原付バイクの方は2万円、自転車の方は1万円の報酬がUber Eatsから付与されます
リンクを押すとリンク先にも大きな文字で書いてありますので、ご確認ください

Uber Eatsの記事リンク
準備編 / 基本編 / 応用編 / 横浜編
マンガ「Uber Eats 配達員はじめて物語」リンク
第1回 / 第2回 / 第3回 / 第4回 / 第5回 / 第6回 / 第7回 / 第8回 / 第9回 / 第10回

 - オーストラリア, ワーキングホリデー, 英語 , , , , , , , , , , ,

広告336px

広告336px

Comment

  1. しんご より:

    T様

    こんにちは。
    しんごと申します。
    ワーホリでメルボルンに来てて、このブログにたどり着きました。

    >>メルボルンの人は基本的に超冷たい
    ここめっちゃ笑ってしまいました。
    このブログ読んでから行き先決めればよかったです。。。
    あれ、オーストラリアってフレンドリーって聞いてたんだけど、、って思うことが何回かありました。

    ファーム関係など、その他のオーストラリアに関するブログも参考にさせてもらいます。

    • T より:

      コメントありがとうございます

      オーストラリア人は冷たい印象ありますねー、
      日本人の場合は表面的には冷たくても実際は優しいような「ツンデレ」が多い気がしますが、
      オーストラリアにいる人の場合は「ツンツン」って感じの印象ですね(特に女性全般と白人系の高齢者男性)

      まあ人種によるかもしれません、アジア系は優しかったりする(でもアジア人はみんな仕事ばっかしてるので忙しそう)
      あくまで僕の感想ですが

      メルボルンに来たんですねー素敵ですね
      ワーホリと一言で言っても、みんな目的も違うし、同じ日本人でも育って来た環境が違うので、
      感じ方は「人による」と思いました
      ファームは2月3月からまた寒くなっていくので、見つけにくいかもしれないですね
      僕は、日本人の中でも、勉強しかしてこなかったような温室育ちタイプの人間なので、ファームとか10000%時間の無駄だと思いました
      もし同じようなタイプの友達に相談されたら、夏はともかく、冬は絶対におすすめしないですね、時間と金の無駄と思うし

      でも、その人のキャラによりますよね

      なんか長くなっちゃいました
      以上です

      ただ、オーストラリアで真の資本主義(資源国優位、移民システム、階級社会など)について学べたのはとてつもなく価値のあることだったと思います

  2. しんご より:

    T様

    女性はほんとツンツンしてますね。
    アジア人が忙しそうなのも同意です。

    ファームはやっぱり冬だと厳しいんですね。。。
    勢いで来たので、調べれば良かったです。。。

    あと少し伺いたいのですが、語学学校には通っていたんですか?
    ファーム以外で仕事探したことはありますか?

    まだ来たとこですけど、ジャパレスでも結構仕事探すのきつい気がしてきました。。。ローカルなんて相当厳しそうです。どれくらいの英語力があったんですか?

    • T より:

      ファームは冬場で稼げそうな場所は、アデレード郊外か、オーストラリア北部の方かな、
      と僕は分析して、僕はアデレードの方へ行きました。
      ファームについての情報って、ほっとんどないですよね。
      ネットで日本語で調べても英語で調べても、あんまり出てこないし、現地まで行って自分の目で確かめるしかないのかなあ、とか思いました

      ま、そもそもファームで働いている人っていうのは、日本でも農場とかラーメン屋とか居酒屋で働けそうなガッツがある人達…のような気がしましたね

      語学学校は、僕はお金がないのと、行く必要ないだろ、とか舐めてて行きませんでした
      行ってすぐにわかりましたが、オーストラリア人の英語は全然わかんないっす(発音が癖があるし、ゆっくり喋ってくれない)
      僕はTOEIC700レベルなので単純に英語力が足りていないのが原因かもしれないですが、それでもインドネシアでは普通にコミュニケーションとれたので、それと同じ想定をして舐めていました

      お金があったら語学学校行きたいですけど…
      ただ個人的に、そのお金があったらフィリピンとかで英語勉強した方が効率がいい気がしますね
      (オーストラリアで勉強しても、友達できたり、コネクションが広がるような気配がしないし、物価高いし、メリットが感じられない)

      ジャパレスかあ…
      メルボルンはそもそも町自体が小さいし、特にメルボルンは大きな大学がいくつもある学生街なんですよね
      そうすると学生VISAで来ているアジア圏の学生がたくさんいるから、バイトの争奪戦が激しいんですよね
      雇い主側からすると、学生VISAでバイト雇えば継続して1年とか(ワーホリVISAだと原則半年が上限)雇えて効率がいいので、
      学生VISAの人しか雇わないと思います

      加えて、最近の経済状況だと、中国とか韓国とかマレーシア、インドネシアの富裕層の方が、日本よりも金持ってる場合が多いので
      その人たちのご子息様(お坊っちゃま、お嬢様)(英語ペラペラ、中国語もペラペラ)の人たちもウジャウジャいるから、
      かなり競争率は高いですよね

      その留学生のような層とはまた別の、完全に金稼ぎに来ているガテン系の人達と戦うのも結構しんどいと思いました
      この層の人たちは、少しくらい長時間労働で、過酷な仕事で安い給料でもでも、オーストラリアドルの価値が自国の通貨価値の3倍とか4倍になるので
      多少のことではへこたれないんですよね
      なので、中華レストランはもちろん、レストランや掃除系の仕事も彼らが占拠していると感じました

      そうなると、やっぱジャパレスが選択肢になるとして
      まず前提として、ジャパレスの数自体がそんなに多くないですよね、数年前は多かったのかもしれないですが、そもそも日本の経済力自体がかなり落ちてるので、日本の存在感自体が薄いと感じました
      加えて、あくまで僕が聞いた範囲ですが、ジャパレスの給料はそこまで良くなくて、しかも過酷でブラックな所も多いと聞いたので、僕はあまりいい印象を持ちませんでした

      しんごさんは、いま情報を集めてるような感じなんですかね
      YHA(ユースホステルオーストラリア)とかに滞在してれば、日本人の人を見かけると思うので、その人と情報交換してみるとか
      中国人や韓国人の気が合いそうな人と情報交換してみるとかはいいかもしれないですね

      僕のはコミュ障なので(冗談)、あまり日本人とは関わりませんでしたけど(笑)
      ((だってガテン系の日本人と友達になってガテン系の仕事とかオススメされても、筋肉がないから実行できない(半分本当))

      中国人や台湾人とは結構たくさん情報交換しましたけど、彼らが持っている仕事の情報とかって、中国語ができるの前提とかだったりすることもある
      あと、彼らも何も知らなかったりする(Facebookページ見てるだけとかね)

      長くなってきましたが
      最後に具体的な情報で言うと、ファームなんだけど
      僕が行っていた、RenmarkのParinga Backpackers Resortも検討してみてください
      http://www.paringabackpackersresort.com.au
      ここはRenmark市が建てた、労働者ホイホイ引き寄せる用の夢のリゾート()で2016年にできたばっかりです
      仕事は自分で見つけろって言う感じだけど、多くの人は現地で有名なオレンジコンストラクター(業者)と契約してたかな

      ここでの仕事の様子は別の記事に書いたとおりです

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

シドニーのチャイナタウンの金曜日の屋台に行ってきた

シドニーには中心部に大きなチャイナタウンがあります 毎週金曜日は屋台が出店してい …

お金を英語で上手く言う練習(USD、円、ルピア)

こんにちは 英語で数字が上手く言えない日本人な筆者です お金を英語で上手く言う練 …

大人の幸せ “adult happiness” とはなにか

目次1.大人の幸せーadult happinessというのは誰かの役に立つ幸せだ …

ポケモンGO(Pokemon GO)を日本に先駆けてオーストラリアでプレイしてみた その2 ゲーム攻略編

前回に引き続き、オーストラリアのシドニーにて、ポケモンGO(Pokemon GO …

シドニーで一番綺麗なChatswoodの図書館に行ってみよう

  目次1.概要2.行き方2−1.電車で来る場合2−2.Chatswo …

シドニーでカナダVISAのための身体検査に行ってきた話

目次1.概要2.場所3.健康診断の流れ(0)予約(1)受付(2)ロッカー(3)レ …

ポケモンGO(Pokemon GO)を日本に先駆けてオーストラリアでプレイしてみた

最近すごく話題になっているポケモンGOがまだ日本ではできないと聞いて、ちょっとプ …

シドニーのゲーセンに行ってきた話

目次1.概要2.場所3.写真おまけ4.総括 1.概要 シドニーのゲーセンに行って …

オーストラリア、メルボルンでの新生活始めました。メルボルンの第一印象は簡単に言うと、横浜よりもコンパクトで綺麗で多国籍な街です

目次オーストラリア、メルボルンでの新生活始めましたメルボルンとは簡単に言うと、横 …

シドニーの電車は世界一厳しい、スマホがない奴は乗るなシステム

目次1.概要2.シドニーの電車が厳しい理由2−1.スマホないと電車賃が支払えない …