UberEatsの自転車デリバリー配達員の副業や、インドネシア、ジャカルタでの仕事について紹介

上場企業を辞めた東大生が月収20万円でもアジア勤務を選んだ理由

不必要な情報を自らシャットアウトすることの大切さ〜TVを見ないという選択肢

投稿日:2009年5月3日 更新日:

日本は情報が多すぎる。
インターネット時代になってから尚更である。
NYは情報が少なくてのんびり暮らせる(らしい。NYで暮らしてみたい)。

情報が多ければ、多いほど有益だという考え方は間違っている。
しかしそれに気付けるのは難しいとも思う。私は、最近になってようやく気付いた。
不必要な情報は自ら努力して、制限すべきなのだ。

日本にはそもそも制限、制約という考え方が稀薄だ。
麻薬問題だって日本は治安が良く、幸い制限されているのに、裏でどんなに頑張って規制しているのかみんな知らない。歴史も知らない。
みんなが規制を訴えたり、デモしたり(まあ要するに主張文化がない)ということがないから、日本人の良識に頼って、ルールを厳守させようとする古い風習が残っていると思う。良識にいつまでも頼り続けるのもどうかと思う。
規制しすぎても、自由が失われるということにもつながるのかも知れないが。
まあ、みんながどうこうはどうでもいいのだが、不必要な情報を見ない、与えない、知らないこと・・・
「知らないという選択肢」はとても大事なことだ。

民法のTV番組を見ないと、他の面白い番組に気付ける。
NHKhiは良質なドキュメンタリーやライブ番組をやっているし、SpaceShowerやAXN、FOXの海外ドラマは面白い。
なにより、不快なCMを見なくて良いのが心地よい。商業主義の洗脳合戦はもうこりごりだ。
普段は何気なく見ているが、CMの一方的な傲慢な世間への刷り込みと、モノを買わせる暴力は見てられないモノがある。
あれは無意識下にストレスとして蓄積されていく。
なので、民放の番組を見たいときはCMカットで見る。

TVをやめると、時間が出来る。
TVという消費産業に奪取されてきた時間がようやく解放されるのだ。
他にあれこれやってみようという気になる。会話が生まれる。
セレブはTVなんて見ないという話がわかる気がする。TVを見るという行為は商業主義の奴隷に成り下がった愚劣な行為であるから。(言い過ぎかも知れない)

同じように、不必要なものとして、2ちゃんねるもそうだ。
2ちゃんねるははっきり言って、楽しい。すぐにレスポンスが返ってくるし、注目を浴びられるし、
やっぱり人と接するのは楽しい。
しかし、いろんな所で言われてるように2ちゃんは感情のメディアであるから、性質上、負の感情がどんどんぶつけられる。
2ちゃんをみるとどんどんストレスが貯まる仕組みになっている。

楽しいからこそ、我慢しなくてはいけないのだ。
時間の無駄とか云々じゃなくて、精神の無駄である。
わざわざイラツキに行くのは利口じゃない。だから、楽しいのは認めるけど頑張って我慢しなくちゃいけないのだ。理性をもった人間なら。

それに、これもTV同様、2ちゃんをやめるとネットのもっと楽しい新しい世界が見えてくる。
特に日本ではネットの発展が2ちゃんによって遮られがちだと思う。匿名性のネットということからそろそろ巣立つ時期だと思うのだ。

- - -
Uber Eatsの記事をご覧の方へ

Uber Eatsの記事リンク
準備編 / 基本編 / 応用編 / 横浜編 / 大阪予想編
マンガ「Uber Eats 配達員はじめて物語」
(1)フリーランスを目指す社会人編( 1回2回
(2)忙しい大学生編( 3回4回
(3)ダイエットしたい女性社会人編( 5回6回7回
(4)自転車好きな男性社会人編( 8回9回10回
(5)横浜ミュージシャン編( 11回12回13回
(6)テクニカルなライバル編( 14回
UberEatsカテゴリーの全ての記事一覧はこちら

Instagram

Ad-336px-stinger8

Ad-336px-stinger8

-まじめな話

Copyright© 上場企業を辞めた東大生が月収20万円でもアジア勤務を選んだ理由 , 2018 All Rights Reserved.