上場企業を辞めた東大生が月収20万円でもアジア勤務を選んだ理由

UberEatsの自転車デリバリー配達員の副業や、インドネシア、ジャカルタでの仕事について紹介

menuのバックを解説【多機能で折りたたみ可能+手に入れる方法】

投稿日:

menuのバックを解説すると多機能で折りたたみ可能って本当?
menuのバックを手に入れる方法はネットショップサイトBASEで決済方法も多くコンビニ払いもOKって本当?
こんな疑問に答えます。

僕は2017年4月からウーバーイーツの配達を続けています。
そんな僕が解説していきます。

menuのバックを解説【多機能で折りたたみ可能です】

menuの配達のバックはスポーティーなデザインでかっこいいです

白地に黒い文字ではっきりとロゴが描かれているデザインです。

裏はこんな感じ。

色は白・黒・赤の3色あります。
僕は服も合わせやすそうで新鮮な感じの白を選びました。

menuのバックはコンパクトに折りたたみ+組み立てが可能です

最初はこのように折りたたまれた状態で届きます。

ここから組み立てていきます。
逆の手順を辿れば折りたたむことも可能です。

サイドに黒い板をはめます。

底部分にも銀の板をはめます。

最後に仕切りの板を立てれば完成です。
この板は柔軟に位置を変えたり上下で区分けしたり自由に使えます。

実際に料理を運ぶ際は包装紙で隙間を埋めるのが僕のおすすめです。
100円ショップで簡単に手に入ります。
紙は痛んできたら交換すればOK。
紙は熱にも強いので安心です。

バック全体を除菌シートなどで綺麗に手入れすることも大事です。

menuのバックは便利な細かい機能が満載です

ピザを運ぶならジッパーを開けて拡張可能です

ここのジッパーを一回り開けると拡張するのでピザも入ります。
包装紙も利用してきっちり固定するのがおすすめです。

渡す時はサイドのジッパーでバッグを解体すればピザを傾けることなく取り出せます。

開ける部分はマジックテープなので壊れにくいです

ジッパー式よりも壊れにくくスピーディーに開閉できます。

荷台に縛り付けるための留め具も付いてます

背負わないでバイクや自転車の荷台に付ける派の人も便利です。

小さな収納スペースも多いです

サイドのメッシュ部分はちょっとした荷物を入れるのに便利です。
わりと目立つ場所なので僕は何も入れないで使ってます。

手前のストラップにも小さなポーチが付いています。

背中の下部分にもジッパーが付いています。

menuの配達のバックは比較しても使いやすいです

menuのバックは約幅45×奥行27×高さ45cm
右の一般的なクーラーボックスは約幅37×奥行32×高さ31cm(37L)
比るとかなり大きいですよね。
ここまで大きな保温のボックスは探しても他であまり売ってない印象です。
リュックのように肩に背負って自転車に乗れるバックも数少ないので貴重です。

内側も見てもだいぶ大きさが違うのが分かります。

menu配達バッグは限定指定されてるわけではないです

配達に使うバッグは限定指定されているわけではないです。
ただ、やりやすさを考えるとこのようなデリバリー専用のバッグを使うのが断然おすすめです。

menuのバックを理解した後にすること【実際に手に入れる方法】

menuの配達クルーの登録が終わったタイミングでバッグを買うのがいいと僕は思います。
マニュアルやメールで案内もありました。

menuのバックを購入する方法はオンラインショップBASEです

BASEでネットショッピングをすればOKです

» 参考:menuオフィシャルショップ

このリンクからmenuオフィシャルショップに進み購入手続きをしていきます。
ネットショップサイトBASEの中に存在します。

赤・白・黒から選び、注意事項を読みカートに入れます。

ゲストとして購入を押します。
(PAY IDというサービスも使えます)

購入者情報を記入します。
氏名・郵便番号・都道府県・住所・電話番号・メールアドレスです。
備考欄は特殊な事情がなければ空白でいいと思います。
メールマガジンは僕は不要なのでチェック外しました。

決済方法はかなり豊富ですね。
・コンビニ払い
・LINE Pay
・クレジットカード
・携帯会社支払い
・Paypal

僕のおすすめはPaypalですが自分にとって一番便利なものを選べばいいと思います。

次にBASEのクーポンを入れる欄があります。
ネットショッピングのBASEのクーポンはわりと探したんですが最近はあまりないみたいで見つけられませんでした。
期間限定で出している他の店がたまにある程度だと感じます。

最後に注文内容を確認します。
(PAY IDへの登録は僕はしませんでした)
次へ進みます。

「ご購入ありがとうございます」と表示されれば完了です。
このあと3日程度で佐川急便で届きました。

ネットショップサイトBASEとは手軽にネットでモノが売れるサービスです

https://thebase.in/

BASEとはネットショップを手軽に作れるサービスです。
menuもこのサービスを利用してバックを売っているということですね。
Amazonや楽天よりも手数料が少なそうなので売る側には便利そうです。

BASEは2012年に発足した企業で現在700万ダウンロードで資本金は約33億円です。
信用するか不安な方は支払い方法をコンビニ払いなどにするのも手かな思います。

バックを購入する前にmenuの配達をする登録しよう

menuの配達クルーの登録がまだの方はこちらから登録ができます。
» 配達員に応募する(menu公式)

紹介コード

YPU654

というわけで今回は以上です。
バックがかっこいいとなんかやる気が出ますね。

関連記事ウーバーイーツのバッグの使い方【仕切りと包装紙で固定がおすすめ】

関連記事ウーバーイーツのバイトの実態を解説【2年続けている僕が語ります】

-menu

Copyright© 上場企業を辞めた東大生が月収20万円でもアジア勤務を選んだ理由 , 2020 All Rights Reserved.