上場企業を辞めた東大生が月収20万円でもアジア勤務を選んだ理由

UberEatsの自転車デリバリー配達員の副業や、インドネシア、ジャカルタでの仕事について紹介

大容量モバイルバッテリーを比較【ウーバーイーツ配達にもおすすめ】

投稿日:

無名メーカーのバッテリーってどうなの?どれくらい持つ?
Amazonでおすすめのバッテリーを教えて
こんな疑問に答えていきます。
2017年4月から長くウーバーイーツ配達員を続けている僕が、実体験を元に解説していきます。

はじめに

今回は、大容量モバイルバッテリーを比較というテーマで書いてきます。

一日中、外出していると、スマホのバッテリー切れてしまうことありますよね。

最近は、Amazonで安い大容量モバイルバッテリーを買うのが主流になっていると思います。
実際にちゃんと使えるのか、気になりますよね。

この記事では、おすすめ2台のレビューを書いていきます。
ぶっちゃけ両方、そんなに大差はないです。

僕は、自転車で配達(ウーバーイーツ)をしているので、iPhoneをネットに常時接続で「酷使」しています。
そんな長時間利用に耐えられるバッテリーなのかも、チェックしていきますね。

 

1.AP03(CXLiy)

Amazonでも人気の中国産のバッテリーです。

長辺15cm

端子は3つ

(1)スペック

AP03
(CXLiy)

容量

24000mAh

容量目安

iPhone 7 に6回の充電

出力

5V(1A+2.1A+2.1A)

入力

5V

 

LEDライト付き

巾着袋付

(2)LEDライト付き

サイドのスイッチを、2回連続で押すと光ります。

(3)巾着袋が地味に便利

巾着袋が地味に役に立ちます。
小指に引っかければ、バッテリーにつないだままスマホを操作可能です。

充電開始ボタンはサイド

バッテリー残量が数字で表示

(4)充電開始ボタンはサイド

サイド側にあると、手探りでも押しやすいので非常に便利

(5)バッテリー残量が数字で表示

数字でパッと見てすぐわかるので、時短になります。

(6)スマホを充電するスピード

何も操作しなければ、30分くらいで、5%→30%まで回復する感じです。

僕は配達中にバッテリーに繋げっぱなしにして、常に通信していますが、残量が10%を割るようなことは、ほぼなくなりました。
(iPhone5s使用の場合)
(アプリを複数同時に使ったりすると、バッテリー消費量は増えます)

(7)バッテリーの容量の持ち具合

1日5時間くらい使っても、3日は持っています。
夜に充電しておけば、余裕で次の日は持ちます。
充電し忘れても大丈夫なのが便利。

(8)家でチャージする時のスピード

チャージは少し時間かかりますね。
丸1日かけて「1%→100%」まで戻るイメージです。
夜だけの7−8時間だと、50−70%くらいまでは回復する感じです。
(後述のANKERの充電器を利用した場合)

チャージするスピードは後述の「充電器」の性能も大事になってきます。

(9)メーカーについて

メーカーはCXLiyという中国の深圳の会社らしいです。
無名なので少し心配でしたが、ちゃんと使えてます。

総評

デカイだけあって、電池の容量は抜群です。
数字での残量表示がすごく便利。
付属の巾着袋が地味に便利。
メーカーも無名だし、見た目は微妙ですが、安いし、一番のおすすめです。

価格はこちらでチェック。

 

2. Pilot X7(POWER ADD)

こちらもAmazonで人気のおしゃれなバッテリーです。

長辺15.5cm、円で残量表示

端子は2つ

(1)スペック

Pilot X7

(POWERADD)

容量

20000mAh/74Wh

容量目安

iPhone 7 に7回の充電

出力

5V(3.1A+3.1A)(合計最大値3.4A)

入力

5V/2A

LEDライト付き

シンプルなデザイン

(2)LEDライト付き

丸ボタンを長押しすると光ります。

(3)シンプルなラウンドデザイン

丸みを帯びていて持ちやすいです。

(4)充電開始ボタンは丸ボタン

表面の丸いボタンを押します。
手探りで押す時に、ボタンを探すのに少し困ります。

(5)バッテリー残量は丸でおしゃれに表示

バッテリー残量は、丸でおしゃれに時計のように表示されます。
少しわかりにくいかも。

(6)スマホを充電するスピード

これも上のCXLとほぼ同じです。
常に通信してもすぐに充電され、残量が10%を割るようなことは、ほぼなくなりました。

(7)バッテリーの容量の持ち具合

これも上のCXLとほぼ同じです。
1日5時間くらい使っても、3日は持っています。
夜に充電しておけば、余裕で次の日は持ちます。

(8)家でチャージする時のスピード

CXLのものと同じに感じます。
丸1日かけて「1%→100%」まで戻るイメージです。
(後述のANKERの充電器を利用した場合)

(9)メーカーについて

Power Addというメーカーはパソコン周辺機器を世界で売っているメーカーのようです。
はっきりと書いてないですが、中国の会社だと予想します。

https://www.ipoweradd.com

総評

見た目がスッキリしててかっこいいです。
電池の持ちも、文句なし。
ただ、残量表示がわかりにくいのが残念。
あと充電開始の丸ボタンが、手探りで押しにくいです。
でも、CXLより安い時が多いので、予算次第ではアリ。

価格はこちらでチェック。

 

3.バッテリー全般に共通して大事なこと

どのバッテリーを使う時にも、大事なことを少し書いておきます。

(1)充電ケーブルは2Aに耐えられるか

充電ケーブルは充電スピードに関わってきます。

上で紹介したバッテリーは2A以上の出力が売りでした。
しかし、ケーブルも2Aに対応していないと、急速な充電はできません。

ダイソーの100円のケーブルがオススメです。
ダイソー以外の100円ショップのケーブルは2A対応していないことが多いので、注意です。

さすが大手のダイソーですね。

ケーブルは消耗品と考える

ケーブルは消耗品と考えた方がいいと思います。
僕はいつもダイソーに来た時に、3本程度、まとめ買いしています。

外で使っていると、すぐに折れたりしてしまうので、1本2ヶ月くらいでダメになります。
でも、100円なんでね。
予備のケーブルとしても、常にカバンに2本程度入れておくのがオススメです。
(コンビニでケーブル買うと1000円くらいするので大損だと思います。)

(2)充電アダブターが重要

実は充電アダプターも重要です。

「え?なんで?iPhoneに付属の小さい四角いアダプターでいいじゃん?」

って思うかもしれません。
実際、僕もそう思ってました。

付属の充電アダプターって、5V/1A~1.2A程度の出力なんですね。
しかし、これは5V/2.4A、2ポート合計最大4.8A。
給電するスピードが全然違います。

僕の経験では、付属の充電アダプターでは「1日でバッテリーの充電が終わらない」ことが頻繁にありました。
それで、配達の時に充電が足りずに、配達量を減らしたり、コンビニで電池を買ったりして悔しい思いをしました。

コンビニで電池を買うとクソ高いです。
充電アダプターまでフルで揃えた方が便利だし、元が取れます。

(3)実際は2つを交代で使うと超便利

バッテリーは1台でも十分だと思いますが、僕は2台交代で使っています。
2台あると、たとえもし何日も充電し忘れていたとしても、予備のもう1台が常に存在することになり、安心です。

(4)スマホのバッテリー自体の劣化に注意

スマホの内蔵バッテリーはどうしても寿命が存在します。
買い換えるお金があれば、買い換えたいですけどね…
(バッテリーの方が安かったりする現実…)
高温環境での使用や、品質が悪い充電器を使うと、寿命が短くなるようなのでそれも注意です。

 

4.一覧比較

最後にスペックの一覧比較を載せておきます。

上で紹介した2つと、Amazonで人気の高いAnkerのバッテリーも載せました。
Ankerはコンパクトでおしゃれですが、価格が若干高めな気がしました。
スマホを充電する目的なら、性能的には、そこまで差がないのでは、と僕は考えました。

AP03

(CXLiy)

Pilot X7

(POWERADD)

PowerCore 20100

(Anker)

PowerCore II 20000

(Anker)

寸法

8 x 15 x 2 cm 8 x 15.5 x 2.3cm 5.8 x 16.6 x 2.2cm 6.2 x 17 x 2.2 cm

重量

440 g 440 g 356 g 367 g

容量

24000mAh 20000mAh/74Wh 20100mAh 20000mAh

目安

iPhone 7 に6回の充電 iPhone 7 に7回の充電 iPhone 8に約8回 iPhone 8を約7回

出力

5V(1A+2.1A+2.1A) 5V(3.1A+3.1A)
(合計最大値3.4A)
5V(2.4A+2.4A)
(合計最大値4.8A)
【18W】 5V=3A, 9V=2A,
12V=1.5A (PowerIQ 2.0出力)
【12W】 5V=2.4A (PowerIQ出力)

デバイス
への充電

3台のデバイスへ
同時に充電できます
お使いのデバイスを速く満充電でき、
多くに充電必要時間を短縮します。
およそ12時間で本体が満充電
業界トップの4.8A出力で、
タブレット2台も同時に急速充電が可能
PowerIQ 2.0はAnker独自の最大18Wまでの
入出力に対応した次世代充電技術であり、
他に類を見ない充電スピードを提供します

入力

5V 5V/2A 5V/2A 5V=2A, 9V=2A
(PowerIQ 2.0入力)

LED
ライト

LEDライト付き LEDライト付き 記載なし 記載なし

USB
ポート

3

2

2

2

付属袋

付属袋(防水) なし トラベルポーチ トラベルポーチ

残量

リアルタイム数字表示 丸い円で表示 LEDライト表示 LEDライト表示

Amazon.co.jpより作成

 

まとめ

今回は、大容量モバイルバッテリーを比較というテーマで書いてきました。

おさらいすると、AP03(CXLiy)と Pilot X7(POWER ADD)の2つがオススメでした。
2つはどちらも容量が多くて、毎日5時間程度外出で使っても、3日は持ちました。
AP03(CXLiy)の方が、サイドにあるボタンが押しやすい、充電表示が見やすいなどの理由で、おすすめです。

他にも充電には、ケーブル、充電器が大事でした
最後に4つの商品スペックを並べて比較しました。

こうして振り返ると、大容量バッテリー自体は、外出や配達に欠かせない大事なアイテムだなと思います。
使い方やデザインの好み、価格に応じて選ぶのがポイントだと思います。

Ad-336px-stinger8

Ad-336px-stinger8

Uber Eatsの記事一覧はこちら

今すぐチェック

このカテゴリーの人気記事

1
ウーバーイーツの配達員の始め方を漫画で解説【社会人男性向け】前編

2017/10/25  

ウーバーイーツの配達員を始めてみたいけどイメージが湧かない 自転車が趣味だからやってみたいけどストレスにならない? こんな疑問に答えていきます。 2017年4月から長くウーバーイーツ配達員を続けている ...

2
Uber Eats配達員を始めよう、準備に必要なこと10(自転車お弁当配達員)

Uber Eatsを始めるのに必要な準備とは? 始めるか迷っているけど決断するのに大切なことは何? といった疑問に答えていきます。 2017年4月から長くウーバーイーツ配達員を続けている僕が、実体験を ...

3
Uber Eats配達員で初めての配達の時に役立つ基本編の技10

2017/06/04    

実際にどんな手順でお弁当を届けるの? 配達に必要な基本的なテクニックは? といった疑問に答えていきます。 2017年4月から長くウーバーイーツ配達員を続けている僕が、実体験を元に書いていきます。 目次 ...

4
ウーバーイーツ配達員の始め方を漫画で解説【女性ダイエット編】前編

2017/09/19  

ウーバーイーツの配達員を始めてみたいけど女性でも大丈夫?ダイエットしたいけど本当に痩せるの?こんな疑問に答えていきます。 2017年4月から長くウーバーイーツ配達員を続けている僕が、実体験を元に漫画を ...

5
Uber Eats配達員が慣れてきたら使いたい応用編の技10

2017/06/07    

ウーバーイーツはどのエリアでどの時間帯で配達するのがベスト? もっと稼ぐための応用テクニックやコツは? といった疑問に答えていきます。 2017年4月から長くウーバーイーツ配達員を続けている僕が、実体 ...

-Uber Eats

Copyright© 上場企業を辞めた東大生が月収20万円でもアジア勤務を選んだ理由 , 2018 All Rights Reserved.