UberEatsの自転車デリバリー配達員の副業や、インドネシア、ジャカルタでの仕事について紹介

上場企業を辞めた東大生が月収20万円でもアジア勤務を選んだ理由

グッド・ウィル・ハンティング~旅立ち~(主人公に感情移入できないわりに泣ける映画)

投稿日:2005年11月5日 更新日:

タイトルがかっこいい。それだけでこの映画には価値がある。
この映画のタイトルは友人から買ったって。その価値はあるよなあ。

 

主人公に感情移入できないわりに泣いた

いまいち主人公に感情移入できない。
ヒロインもかわいくないし。アメリカ人相手だから、僕には理解できないのかなあ。
もう少し細かく描いて欲しいと思った。

それゆえ最後の涙で感動できないのだ。
しかもあそこで泣かそうとしてるのがなんか見え見えでどうもなあ・・・

 

親友の低所得者チャッキーとの別れが映画で一番の感動

チャッキーの存在は素晴らしい。主人公との別れのシーンは感動する。
チャっキーと主人公との関係は、低所得者と高所得者の差異の現状に訴えかけるみたいなものなんだろうか。
今では、いやたぶん当時でも、“低所得者=低学歴”という風潮なのに、主人公が天才ってところが世の中に対するアンチテーゼ?気分のいい訴え?って感じなのかな。

 

でもやっぱり理解も共感も80%止まりだ。

 

 

 

- - -
Uber Eatsの記事をご覧の方へ

Uber Eatsの記事リンク
準備編 / 基本編 / 応用編 / 横浜編 / 大阪予想編
マンガ「Uber Eats 配達員はじめて物語」
(1)フリーランスを目指す社会人編( 1回2回
(2)忙しい大学生編( 3回4回
(3)ダイエットしたい女性社会人編( 5回6回7回
(4)自転車好きな男性社会人編( 8回9回10回
(5)横浜ミュージシャン編( 11回12回13回
(6)テクニカルなライバル編( 14回
UberEatsカテゴリーの全ての記事一覧はこちら

Instagram

Ad-336px-stinger8

Ad-336px-stinger8

-映画

Copyright© 上場企業を辞めた東大生が月収20万円でもアジア勤務を選んだ理由 , 2018 All Rights Reserved.