UberEatsの自転車デリバリー配達員の副業や、インドネシア、ジャカルタでの仕事について紹介

上場企業を辞めた東大生が月収20万円でもアジア勤務を選んだ理由

トーク・トゥ・ハー(本能だけでは生きていない、しかし、本能で生きている人間の性を考えさせられる映画)

投稿日:2005年12月2日 更新日:


恋愛映画といってもいろんな映画があり、いろんなカタチの愛が描かれている。
その中でもこの映画の愛は異端であり、そして悲しく切ない。

 

果たして主人公ベニグノって好青年なの?どうなの??

僕は序盤ベニグノがとても好青年に映った。
介護をやる姿なんて素晴らしいよね。
そして後半その正体がどんどんあらわになっていくわけだが、
さあ、果たしてベニグノってどうなの??
ってのがこの映画の主題でしょう。おそらく。

ベニグノは、”恋人(気になる人)にマッサージなんてするなよ!”と非難される。
でもベニグノはそうやって介護することが彼女への愛、恋人としての愛だと思っているんだろう。
なんか恋愛下手な、お人形をかわいがるストーカーじみた愛だ。
彼女が反応できないってのも問題だ。
反応できてたら成立し得ないからね。

 

100パーセントベニグノのおかげで彼女が助かっちゃう

成立し得ないことが起こっている以上非常識なことは起こる。
監督の素晴らしい演出でセックスが行われる。
この場面の表現は素晴らしい。
セックスの衝動は本能だから押さえ切れなかったんだろう。
入っちゃおうかな、入っちゃいたいなあ、いや入りたくてしょうがない、
押さえ切れないよ、もうこれは入らなきゃだめだ、入る入る入るよ、もう頭にそれしかないよ、
…って感じだろうか
僕はベニグノを攻められない。
同じ人間ならセックスの衝動くらいわかるよね。

それより病院の責任ではないか?あんな奴にまかせるなんて。
しかし、そこでまた難題が問いかけられる。
ベニグノのおかげで、100パーセントベニグノのおかげで彼女が助かっちゃうのだ。
ベニグノの存在は…どう評価したらいいのか…

そしてまた大展開である。
この監督は大展開が好きだなあと思うが、そこが実に巧い。
ベニグノの自決…涙涙である。

 

本能だけでは生きていない、しかし、本能で生きている人間の性

彼の愛はどこに見返りを求めればいいのだろう。
本来なら拒否されるはずの愛。
ただ肉体―物質だけはその愛を受け取ったのだろうか。
歪んだ愛、ストーカー愛は時として、
いやはたまた常に、人間間でとても大きな、
とてもとても大きなすれ違い、命や運命を巻き込んだドラマ―惨劇を生み出す。
本能だけで生きていない、しかし本能で生きている人間の性みたいなものを
見せつけられたような…そんな映画です。

 

 

 

- - -
Uber Eatsの記事をご覧の方へ

Uber Eatsの記事リンク
準備編 / 基本編 / 応用編 / 横浜編 / 大阪予想編
マンガ「Uber Eats 配達員はじめて物語」
(1)フリーランスを目指す社会人編( 1回2回
(2)忙しい大学生編( 3回4回
(3)ダイエットしたい女性社会人編( 5回6回7回
(4)自転車好きな男性社会人編( 8回9回10回
(5)横浜ミュージシャン編( 11回12回13回
(6)テクニカルなライバル編( 14回
UberEatsカテゴリーの全ての記事一覧はこちら

Instagram

Ad-336px-stinger8

Ad-336px-stinger8

-映画
-

Copyright© 上場企業を辞めた東大生が月収20万円でもアジア勤務を選んだ理由 , 2018 All Rights Reserved.