上場企業を辞めた東大生が月収20万円でもアジア勤務を選んだ理由

インドネシア、ジャカルタでの仕事や、日本でのUber Eatsの自転車デリバリー配達の副業について紹介

*

「 映画 」 一覧

ボルベール〈帰郷〉(防ぎきれない人間の性)

  2013/07/06    映画

久しぶりにペドロ・アルモドバル監督の作品を見ました。   防ぎきれない …

Hannah Montana the Movie(家族の大切さをテーマとした音楽映画)

  2013/07/03    映画

久しぶりに映画を見ました。 Hannah Montanaはやっぱり最高です。 & …

ゲド戦記(「死」というものの認識・受け入れが「生きることの」の究極の答え)

  2006/08/16    映画

「死」とういうテーマが難しすぎたのが原因で不評な映画 「わけがわからない」という …

ボーイズ・ドント・クライ(逆境から生まれてくる強さ・迫力・ハッタリが全然なくない?)

主人公に魅力がない アカデミー賞作品にハズレはないという持論から、選んで見てみた …

アメリカン・ビューティー(実は人生とは「美」のためだけにあるのではないか、人生の意義はありふれた暮らしを送ることではなくなった)

実は人生とは「美」のためだけにあるのではないか 素晴らしい映画だ。 数え切れない …

月とキャベツ(さらっと心を撫でてくれるような映画)

  2006/02/05    映画

さらっと心を撫でてくれるような映画 ストーリーなんてシンプルでいいんだ。 と思わ …

ぼくは怖くない(親の生き方は絶対に子供に影響する)

  2006/02/01    映画

題名どおりこの映画は最期まで”ぼく”の物語 ぼくは怖くない 原題 IO NON …

英雄 ~HERO~(信念は自分自身であり、自分とは信念なのだ)

  2006/01/30    映画

ええ中国映画?とあなどってはいけない。 この映画はハリウッド映画なんかより格段壮 …

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(ボスを倒さないで終わる中学生の恋愛映画)

ボスを倒さないで終わるなんて… ボスを倒さないで終わるなんて… クリアしないRP …

リリイ・シュシュのすべて(中学生の行動に理由なんてない、だからこそ“環境”が大事なのだ)

少年のころは、自分の生きている世界が全てだった 少年のころは、自分の生きている世 …

あらしのよるに(相容れない関係コミュニティーでも乗り越えても築けるキズナは存在する)

  2005/12/23    映画

大人向けの究極のラブストーリー 4回泣きました。 号泣しました。 究極のラブスト …

木曜組曲(お茶でも飲みながら家でゆっくり見たいような至高の日本産ミステリー)

  2005/12/14    映画 ,

原作の静かで、動かないう独特の雰囲気が見事に表現されている 得てしてハリウッド映 …

トーク・トゥ・ハー(本能だけでは生きていない、しかし、本能で生きている人間の性を考えさせられる映画)

  2005/12/02    映画

恋愛映画といってもいろんな映画があり、いろんなカタチの愛が描かれている。 その中 …

大脱走(同じ人間同士狭い世界で暮らせば通じ合えないことはないことがわかる映画)

  2005/11/28    映画

冒険、友情、勇気。まさに男のロマン この映画は史実に忠実であるらしい。 それは悲 …

花とアリス(大人になる前の素直さという武器の大切さがわかる映画)

  2005/11/26    映画

素直という強さが高校生にはある 高校生はキレイだ。 この映画もキレイだ。 この映 …